レーザーで刺青除去

レーザーで刺青を消すことできるって知っていましたか?レーザーは私たちの強い味方です。 - 美容整形といったらレーザーですよね!

新着情報

●2015/08/03
美容整形といったらレーザーですよね!の情報を更新しました。
●2015/08/03
刺青除去の切除法についての情報を更新しました。
●2015/08/03
刺青除去の痛みの情報を更新しました。
●2015/08/03
刺青除去の費用の情報を更新しました。
●2015/08/03
刺青除去法の種類の情報を更新しました。

美容整形といったらレーザーですよね!

美容整形といったら、レーザーです。
手術は基本的にメスによる切断が必要です。
しかし、美しさを追求する美容整形の場合、傷を残してしまっては元も子もありません。
そこで、レーザーです。
肌を切断しないで、治療することができるのがレーザーの強みです。
「しわ」や「たるみ」などのアンチエイジングから「脱毛」まで、レーザーによる治療は美容整形には無くてはならないのです。
刺青除去も、その例外ではありません。
otrges
最近、若者の間で、カッコいいからという理由だけで気軽にタトゥーや刺青を入れてしまう方がたくさんいます。
しかし、これが就職や結婚など、様々な場面で悪い影響を与え続け、除去したいと考える方も増えています。
レーザー治療は、そんな人たちの強い味方になってくれるのです。
刺青やタトゥーを施した部分を切除したり、削ったりするのが基本的な刺青除去の方法です。
レーザーはそんな刺青治療に新しい風を吹き込みました。
例えば、広範囲にわたる刺青部分にレーザーを当てることによって、細胞の再生力を利用して刺青を消すという方法があります。
色素を持つ細胞にだけ反応するレーザーを使い、タトゥー部分にだけ集中的にレーザーを当てるのです。
また、切除法と組み合わせるという方法もあります。
刺青部分をメスで切除し、その後に傷を出来るだけ目立たなくさせるために、レーザーを当てるのです。
どちらの方法がいいのかは、刺青の規模や、肌の質などで変わってきます。
治療の前に、しっかりと医師のカウンセリングを受けましょう!
刺青除去をした際は、そのアフターケアが重要です。アフターケアがちゃんとできているかどうかによって、跡が残るかも変わってきますので、十分注意しましょう。
まずは、刺青除去を行ったクリニックで、アフターケアについて必ず説明があるはずですので、それに従って行うことが大切です。刺青を入れて後悔した人に、綺麗に消したい人向けの刺青除去方法あります。
レーザー法の場合、当日は過度な運動・飲酒・入浴は控えます。シャワーは可ですが、幹部は濡らさないようにします。治療後7~10日間は患部にカサブタがつくことが多いので、テープで保護しましょう。カサブタができても、はがさないでください。はがれた後は、赤みが残りますが、3週間ほどで落ち着いてきます。治療後1カ月くらいは、日焼けや幹部を強くこすることは避けましょう。
切除法の場合、シャワーは翌日から可能ですが、傷口をこすらないようにしましょう。抜糸は、1週間から10日後です。入浴や運動は抜糸の翌日以降、可能です。お酒は切除後1週間ほどは控えましょう。化膿止めが処方されるはずですので、指示に従って服用します。
剥離法の場合も、切除法と同様、シャワーは翌日から可能です。傷口を濡らさないようにしましょう。入浴は医師の指示があるまでは控えます。化膿止めは医師の指示に従って服用しましょう。
アフターケアをきちんと守ることで、化膿を防いだり、刺青をきれいに消すことができるので、指示に従って慎重に行いましょう。クリニックを探す段階で、アフターケアの方法などをしっかりと指導してくれるところを選ぶことも大切です。

Copyright(C)2015 レーザーで刺青除去 All Rights Reserved.